ノバルティスとやりがい

ノバルティスとやりがい

薬と病気のプロフェッショナルであるノバルティス株式会社について紹介します。ノバルティスグループの大きな魅力は、世界最先端のサイエンスからビジネスまで医師の経験を活かすことのできるフィールドが目白押し、という点です。製薬企業に社員として所属している医師は、基礎研究の成果を臨床応用していくトランスレーショナル・リサーチをする上で欠かすことが出来ません。欧米では医師のキャリアにおける選択肢の一つとして認知がされているというもので、ノバルティスではこの点を重視しています。ノバルティスはいち早く取り入れていますが、日本ではその存在や仕事内容があまり知られていないのです。

 

ファーマは日本法人のノバルティスです。この会社で働いている医師が登場し、仕事の実態ややりがいを素直にメッセージにしています。ノバルティスは薬や病気に関心のある人なら、大きなやりがいを持って働くことができるようになっています。循環器内科医として約8年間、大学病院や一般病院に勤務していた男性は、ファーマの社員として活躍しています。ファーマでは、メディカル部門におけるトップの企業として臨床医やノバルティスグローバルとコミュニケーションを取って、マネジメントにも力を注いでいるのです。

 

製薬企業の開発部門で勤務をしていた男性も、ノバルティスで再び開発部門を担当しています。非常にやりがいを持って働く事ができていると同時に、1日でも早く革新的な治療を臨床現場に受け入れられるように取り組んでいます。様々な部門があるので大きなやりがいを持って仕事をすることができるようになっています。

 

ノバルティスファーマは、どのサービスもすべてお客様目線に寄り添っているのが大きな特徴です。お客様目線のサービスづくりから、より良いものができるようになっています。製薬企業はチームで仕事をすることが大事という意識を持っているというものもあります。ノバルティスファーマでは社員一人ひとりの想いを尊重して、他にはない独自のサービス展開をしています。患者さんと信頼関係を構築するということも、より良い薬の開発や治療に効果的と考えているのです。こうした薬の開発や病気の治療でも、患者さんと二人三脚での治療をする、ということがとても大事です。他にはない発想と技術力を活かしたサービス展開が大きな魅力ともいえるノバルティスは、これからも成長を続けていく企業と言えるのではないでしょうか。

更新履歴