ノバルティスの採用情報

ノバルティスの採用情報

ノバルティスグループは日本と海外で様々な事業を展開しています。海外のノバルティスはスイスのバーゼル市に拠点を置き、病気の研究や開発を行っているのが大きな特徴です。世界では、流行っているのに治療が難しい病気がたくさんあります。そのうちの一つがデング熱と結核です。デング熱は、大流行し大騒ぎになった病気で、結核は死亡者も多い病です。世界のノバルティスグループは、こうした流行しているのに治療が難しい病の薬を研究開発しているのが大きな特徴です。

 

薬や病気に関するエキスパートのノバルティス株式会社では、これから働きたいというあなたを応援しています。ノバルティスは、現在2018年の受け付けは終了しているようなのですが、募集されている要項は多いです。たとえば、MR職やサイエンス職、生産技術職の3つがあります。サイエンス職は、開発職とMSL職の2つがあり、様々な部門でやりがいを持って働くことができるようになっています。

 

ノバルティスインターンシップですが、一歩先の自分へという言葉を目標に医薬品業界の一員を目指す人に必要な応募要項を紹介しています。物事の本質を考え抜いて、それを力に変えて自分自身に身に着ける、ということを主な応募要項にしています。ノバルティスがどのような視点や考えを持っていて、どのような想いで新薬を届けているのか、医薬品業界の一員として、ビジネスパーソンとして製薬企業で働く楽しさややりがいを感じてほしい、という強い想いがあります。

 

大阪や東京で実施されているので、関西に住んでいる人も関東に住んでいる人も大丈夫です。このインターンシップは、定期的に実施がされているようなので応募要項をチェックすることが大事です。企業と社員が二人三脚で成長する、お客様目線に寄り添った快適なサービスづくりが魅力の企業です。特に、薬や病気に関する情報も積極的に発信がされているので便利です。自分が知りたいと感じた情報は見つけることができるようになっています。

 

またインターンシップの全日程は、2日間となっています。1日目は、自分自身をよく理解して成長の種を見つけることが肝心です。2日目では、MRの存在意義や製薬業界で働く意義をよく考えます。この対象になるのが、薬学部6年制、薬学部4年生、文系・理系や大学院生の2019年3月卒業予定者です。もし、ノバルティスで働いてみたいという人は、この応募要項にもしっかりと目を通しておき、関心があれば応募をしてみてはいかがでしょうか。